twitter facebook-square ui-chats-w ui-faq-w ui-form-w ui-questionnaire-w under facebook hatebu icon-under-arrow facebook
無料カスタマーサポートツール・メールフォームのタヨリ

大反響のKyashリアルカード申込を裏で支えた。デザイン性の高さも好評価

株式会社Kyash 重松様 / 小林様

どういった事業を運営されていますか?

ウォレットアプリ「Kyash」の開発・運営をしています。飲み会のお金をワリカンで支払うときに友人や同僚などへ個人間で送金する場面や、通販サイトでの料金支払いなどに使えるアプリです。今夏からGoogle Payに対応する予定で、QUICPay加盟店での支払いにも利用できるようになります。

Kyashの仕組みとしては、アプリ内で「Kyash Visaカード(バーチャルカード)を即時発行して、送金や支払いなどにご利用いただいています。さらに2018年6月には、全国のVisa加盟店で利用できるKyash Visaカード(リアルカード)」の発行を開始しました。それまではVisaの”オンライン加盟店”でのみ利用可能だったのが、リアルカードを使ってコンビニや飲食店などの”実店舗”でもKyashを利用できるようになりました。

リアルカードの発行に向けて、チーム内で議論したのは「リアルカードの発行申し込みをどうやって受け付けようか」ということ。Kyashをまだインストールしていない新規ユーザーからも申し込みを受け付けられるように、KyashのWebサイトにも申し込みフォームを設置しようと考えました。

申し込みフォームを自社で作成するという選択肢もありましたが、Kyashアプリの開発にリソースを集中させたいという思いもあり、SaaSで提供されている無料のWebフォーム作成サービスを利用しようと考えました。

複数のサービスを比較・検討した結果、私たちの要件を最も満たしてくれそうだったのが「Tayori」でした。リアルカードの発行申し込みフォームの作成・運用に、Tayoriを利用しようと決めました。

株式会社Kyash重松様

Tayoriの魅力―比較・検討のポイント

大量の申し込みを受け付けるフォーム、重視したポイントは?

これまでにも、新機能をリリースした後やマスメディアに取り上げてもらった後などは、Kyashのダウンロード数やWebサイトへのアクセス数などが大幅に増えていました。支払いに使うと2%のキャッシュバックがあるお得なクレジットカードだという話題性もありますし、「リアルカードの発行を開始する」と発表すれば、瞬間的に相当の申し込みが入るだろうと予測していました。

そこで「大量の申し込みが短時間のうちに殺到しても、ダウンしない」「KyashのWebサイトから遷移して、違和感を感じないデザインのフォームを作成できる」「郵便番号を入力すると、自動的に住所が入力される」「受付完了メールの文面をカスタマイズできる」といった点を重視して、複数のWebフォーム作成サービスを見比べてみたのです。

ソーシャルゲームの経験を生かした設計。Tayoriは大量問い合わせにも耐えられる

まず、リアルカードの発行申し込みが殺到しても耐えられるサービスである必要があります。

Tayori導入を決める前に、念のため「短時間のうちに申し込みが集中しても耐えられますか?」と確認の連絡を入れてみたところ、Tayori担当者からは「全然余裕です」と。たくさんのユーザーが利用するソーシャルゲームや、そのゲームの問い合わせ対応のシステム開発に携わっていたエンジニアがTayoriを設計しているという話を聞きまして、安心して利用できました。

KyashのWebサイトと同じようなデザインで作成できる

Tayoriの他にも主要なWebフォーム作成サービスを調査してみましたが、中には「あのサービスを使って作成したフォームだ」と一目で分かってしまうデザインでしかフォームを作成できないものもありました。

チーム内から「問い合わせフォーム一つであってもKyashの世界観から大幅にずれるのは避けたい」という意見もありましたので、そうしたサービスは候補から外すようにしました。

Tayoriは入力フォームのデザインがシンプルであることに加えて、キーカラーを選択できる点が要件にマッチしました。

Kyashリアルカード申し込みページKyash Webサイト|トップページ
Kyashリアルカード申し込みフォームTayoriで作成した申し込みフォーム

カード発送のオペレーションを考慮。郵便番号からの住所自動入力は必須

もう1つ重視したのは、郵便番号を入力すると自動的に住所情報がフォームに反映される機能があることです。

ユーザーが誤った住所を入力してしまうと、指定の住所へリアルカードを送付しても宛先間違いで戻ってきてしまいます。

入力ミスが発生する可能性をできるだけ低く抑える上でもこの機能は要件としてあげられていました。

フォームの住所自動入力機能

完了メールに配送予定の情報を記載。ユーザーの“これを知りたい”に先回りして応答

カード発送のオペレーションまで考えると、受付完了時に自動送信する完了メールの文面をカスタマイズしておきたいとも思いました。「申し込みを受け付けてから配送まで○日ほどかかります」「配送する日時や住所を変更したいときはこうしてください」といった情報を完了メールに載せられると、申込み完了した時点でユーザーが一番知りたい情報を先回りしてお伝えすることが可能となります。

「Tayoriにもっとこんな機能が付いていたら」という欲を言えるとしたら、ユーザー側で「申込時の住所などが間違っていないか」と申込情報を後からチェックできるように、申込時の氏名・住所などの情報を記載した確認メールを送りたかったところです。「いつまで経ってもカードが届かないと思ったら、自分の入力した情報が間違っていた」と気付いてもらえるかもしれませんから。そこまでできたら最高でしたが、完了メールだけでも編集できたのは助かりました。

こうした観点からWebフォーム作成サービスを比較していったら、最後まで選択肢に残っていたのはTayoriだけでした。

株式会社Kyash小林様

Tayoriへの評価―実際に使ってみた感想

予想どおり、大量の申し込みが殺到。Tayoriで問題なく対応できた

そうして準備を整えてリアルカードの発行開始を発表する日を迎え、メディア向けの発表会には多くのメディアに足を運んでいただけました。

メディアに取り上げてもらえた後には、予想していたとおり、大量の申し込みが入ることになりましたが、Tayoriで問題なく対応できました。

思わぬところで好評価、Tayoriの紙飛行機が飛ぶ演出がSNSで話題に

ここまでは予想どおりだったのですが、Tayoriを使って申し込みフォームを作成したことで、思わぬ反響が届くことになりました。

申し込みフォームの必要事項を入力して「内容を確認」ボタンを押すと、封筒を載せた紙飛行機が飛んでいくアニメーションが一部のユーザーの中で話題になっていたのです。

フォーム送信時の紙飛行機が飛ぶ演出

もともと私たちは「この演出は要らないだろう」と思って、がんばって紙飛行機が飛ばなくなる設定方法を調べていたのですが見つけられず……。ですのでユーザーから「Kyashさん、申し込みフォームの演出まで考えていて、すごい!」とものすごく喜ばれていて驚きました(笑)。

私たちが開発した機能ではなかったので、褒められてとてもうれしかった反面、私たちの手柄ではないので正直に「この機能は私たちが開発したものではありません」と伝えるか、アニメーション自体をなくしたかったんですけどね(苦笑)。

ここでもTayoriに対して欲を言うと、アニメーションのON/OFFを選べる機能や、アニメーションのパターンがいくつかあって、その中から選べる機能があったら、もっと良かったかもしれません。

私たちも、Kyashを使ってお金を送金するとき、「ボタンを押す」のではなくて、スマホ画面の下から上に向かって「スワイプする」ことで送金できるようにしています。こうしたアクションの見せ方にまでこだわって、ユーザーに喜んでもらおうとするのはサービス開発者として大事なポイントだと思います。

規模
10—50名
業種
Fintech事業
使い方
自社プロダクトの申し込みフォーム