TOP<教育/子育て>コミュカフェ担当コーチ原林滋子(パーソナルコーチ・非常勤講師)
最終更新日 : 2022/08/30

原林滋子(パーソナルコーチ・非常勤講師)

原林滋子01.jpeg

コーチ資格

  • 国際コーチング連盟ACC
  • HCJ認定メンタルコーチ
  • HCJ認定ヘルスコーチ
  • HCJ認定グループコーチ

その他の資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 日本優良セラピスト協会 アサーションアドバイザー

現在の仕事

専門学校・大学非常勤講師。パーソナルコーチ。

非常勤講師は「担当授業のときだけ学校に行く教員」です。
限られた時間で学生と信頼関係をつくるように関わり、コーチングを取り入れた授業を実践しています。教室の空気が変わり、「楽しい」「理解が深まる」と言ってもらえるようになりました。

3人の子育て、PTAや部活父母会役員の経験を活かして中学生〜大学生の子どもを持つお母さんのサポートもしています。

コーチからのメッセージ

「先生」と呼ばれるみなさんへ

講師、トレーナー、育成担当者など、学校の先生以外にも「先生」の立場で人前に立つ仕事はたくさんあります。

「先生」になったばかりの頃の私は、学生に覚えてほしいことを 力一杯伝えていました。でも、なんだか空回りしているように感じるのはどうしてだろう?
「あの人、私の話を聞いてないみたい」
「この人にはこちらの意図が伝わらない」

あなたもそんなふうに感じてモヤモヤしたことはありませんか?

答えを探してコーチングを学び始めたところ、そこで知った「コミュニケーションスタイル(コミュスタ)」に解決のヒントが見つかりました。
どうやら私の伝え方(=私のスタイル)が、相手の望む伝え方(=相手のスタイル)と違っていたようです。

コミュスタを知ると「伝わらない人」が減らせます。そうすると場の空気も変わります。
教育が「教え・導く」から「主体的に学ぶ」に変わりつつある今、あなたの「教室」を活気にあふれた「学び合いの場」にするためにコミュスタを活用してください。