靴の修理・百科事典

検索されているワード :

靴全般

紳士靴

婦人靴

お手入れの基本的なこと(2)

今日WESTONで『ゴルフ』を買ってきました。初めて買った高い靴なので、それでベストなのか心配です。 このHPでの手入れの仕方は   1.ステインリムーバー(クリーナー)で汚れと前のクリームを落とす。   2.ワックス(ロウ分)を含まない乳化性クリームで保革をする。   3.ワックス(ロウ分)を含んだクリームもしくはワックスで磨く。 とありますが『ゴルフ』はフッ素加工がしてありますよね? そのために2番だけやればいい、という事なんでしょうか? クリームを付けるとき、どのような物でクリームを塗るのでしょう

お手入れに関しては、ゴルフであっても基本的には変らないですね(通気性を損なわずに適度な水分、油分 を与える)。革によってその手段が変わってくる、ということです。
危惧されている「フッ素加工」ですが、現在販売されている防水スプレー のほとんどが、このフッ素樹脂を利用しています。このフッ素樹脂の特 徴は、織物や革の繊維自体に染み込みますので、通気性を損なわずに、表面張力を利用して水分の侵入を防ぐという仕組みです(フライパンのテフ ロン加工もそのひとつ)。
ですから、あらかじめ防水スプレーが吹いてあると考えていただいたら、特に悩む必要もないでしょう。
逆に、缶入りワックスだけでお手入れをしていった場合、防水力は高まるでしょうが、革自体の繊維の中にワックスが入り込んで、それを繰り返し ていますと、通気性が損なわれて、ひび割れを起こしやすくなるでしょう。どちらかと言いますと、ゴルフは雨に適しているというイメージがあり ますので、そのような説明になったかと思いますが、実際にそのような履き方をされないなら、普通のスムースレザーと同じの方が良いかと思いま す。
修理をしていますと、履きこまれた靴を常に見ているわけですが、アッパーの革に大切なのは、やはり通気性と適度の水分、油分だなぁと 思います(皮膚もそうですよね)。
ワックスだけや液体の塗るだけで光るという商品をベッタリ塗られた靴に出会うこともありますが、いかにも苦しそう、、、 という感じです(おまけに簡単には落ちない)。そしてやはりひび割れを起こしています。キズやある程度の色の変化は仕方がないとして、このひび割れはお手入れ次第ですし、また致命的なものであることにも変わりありません。
ですから、お手入れとはこれを防ぐため にするものなんですね。そうすれば、自ずとどうすれば良いかも見えてくるかと思います。
ブラシの使い方ですが、塗る際には
(1) 竹ようじという歯ブラシのようなもので、全体に薄く、隙間までクリームが行き渡るように塗る。
(2)次に、硬めの毛を使った(豚毛)ブラシで余分なクリーム(隙間などにどうしても溜りやすいので)を落とす感じで、軽くブラッシングして やる。
  (これは、磨くと言うより、この効果を期待しますので、あまりゴシゴシする必要もありません)。
(3)次に指先に布を巻き付けて、指の体温を利用しながら、小さな円を描くように革に先程塗ったクリームが布に付かなくなるくらいまで、布の位置を変えながら磨いてやる。
(4)最後に全体を、柔らかいタオルのようなもので擦ってやれば、ツヤがよく出ます。