TOP掲載基準を設けている内容・表現資料やレポート等の公開に関する内容
最終更新日 : 2020/10/21

資料やレポート等の公開に関する内容

PR TIMESでは企業や団体等が調査アンケート等を実施した結果をまとめた「調査リリース」や、特定の事象に対して専門的な研究や分析等を行いその結果をまとめた「研究発表」など、発表者の活動を元に明らかになった新たな事実や発見をご配信いただけます。

しかしながら、プレスリリースは社会に向けた公式発表となりますので、
下記に該当する資料やレポート公開に関するプレスリリースはご配信いただけません。

・%や割合の表示のみを行い、具体的な数値やデータに基づかないレポートや資料の開示を主旨とするもの
例:「○○」のキーワードが弊社サービスサイト内検索数300%増加、今秋の流行は××
  【2020年X月度版】弊社サービス取扱案件の傾向レポート、約60%が××と判明
  ○○内での売り上げが前月比××%増加、

・自社のノウハウや考え方をまとめた資料・レポート等の開示を主旨とする場合
例:「SNSマーケティングを成功させる必勝方法」を無料公開!
  「成功する営業ガイドブック」を公開
  ○○制度対応のテンプレート・対応マニュアル公開

・リリース本文内に調査や研究等の結果が明記されていない場合
例:○○について大調査!気になる結果はサービスサイトにて!
  調査結果はこちらから(https://~~~)

④第三者の開示する情報のみをまとめ、発表者が調査や研究等を行っていない場合
例:国土交通省の調べによると○○の件数が××%増加、お勧めの対応方法を公開!
  各自治体の公開する○○の情報をまとめて公開しました
  ●月の××に関するYoutube再生回数ランキングを集計、人気動画は△△
  SNSの今話題は?●月のSNS人気キーワードを集計しました

※上記に該当する内容が含まれている場合でも、同一プレスリリース内で別の情報を主旨とする場合はご掲載いただけます。

※ご配信予定の内容について掲載基準上、ご不安な点がございましたら、お気軽に下記よりお問合せくださいませ。
https://tayori.com/form/536e9f54c53fb0fa255e36237e66a8c50e2cd625