TOPコマンド3-5 エクセルを形式を指定して保存したい【2020/04/02】
最終更新日 : 2021/05/18

3-5 エクセルを形式を指定して保存したい【2020/04/02】

エクセルの保存方法

①エクセルコマンドを使う方法

[エクセル(K)]コマンドの中の[ブックを保存]を使用します。

K1-2.png
K2.png

エクセル参照IDを選択し、青いファイルアイコンをクリックすることで、保存場所、ファイル名を指定できます。

エクセル拡張子.png

この時、ファイル名の最後に「.xlsx」や「.csv」といった拡張子を入力することで、形式を指定して保存できます。

(指定がない場合はユーザのドキュメントフォルダに Book1.xlsx が上書き保存されます。また、保存ファイル名が既存の場合はそのまま上書き保存されます)

※Excelの主な形式はMicrosoft公式ホームページを参照してください。

②その他の方法(F12を用いる方法)

アドレスをテキストとしてコピー.png

・先にファイルの保存場所(アドレス)をテキストとして保存します。

D1-1.png

・[キーボード(D)]の[ショートカットキー]コマンドで「F12」を入力します。

D1-2.png
アドレスを入力.png

・[文字]の入力画面に、先ほど保存したアドレスを貼り付け、続いて「¥」または「\」の後に保存後のファイル名を入力します。

・新しく[ショートカットキー]で「tab」を入力します。

エクセル形式確認.png

・新しく[ショートカットキー]で「↓」を入力し、保存したい形式までカーソルを移動し、「Enter」で決定します。
(実際にExcelを開き、どこに目的の形式があるか確認)

・もう一度「Enter」で保存完了です。