TOPデータ結合スクリーニングと本調査のデータを結合(対応表編)
最終更新日 : 2021/07/08

スクリーニングと本調査のデータを結合(対応表編)

スクリーニングのレイアウトをエクセル上で開きます。

ローデータの設問番号を変更したときと同様に、スクリーニングの設問番号を変更します。

大まかな流れ

  • スクリーニングの対応表の設問番号(A列、C列、D列)のローマ字を変更
  • 本調査のQ1以降を対応表をくっつける
  • テキストデータで保存

手順1

スクリーニングのレイアウトを開いてください。

・A列、C列、D列の設問番号ローマ字を「q」→「scr」に変換してください。
※「q」から変更する理由は、本調査のカラム名と重複させないためです。

※必ず、D列の設問番号のローマ字を「小文字」のカラム名を付けるようにしてください。

置換機能を使って、「全て変換」すると、一括で、置換後の文字列に変換できます

1.png
daa.png

変換されました↓

da.png

手順2

本調査の対応表をエクセル上で開き、
Q1以降を、スクリーニング対応表に貼り付けます。

4.png

手順3

スクリーニングと本調査の対応表の結合が出来たら、テキストデータで保存

手順4

結合したローデータと対応表をforAnalysis(フォーアナリシス)アップロード!

サンプルデータ

下記にサンプルデータを記載していますので、データ結合の際
参考程度にご覧ください。
https://tayori.com/q/surveroid-question-page/detail/159866