TOPオープン調査全般オープン調査のURL仕様設定
最終更新日 : 2020/10/08

オープン調査のURL仕様設定

STEP1にて、アンケート概要を設定頂く際に、「URL仕様」を
設定頂く箇所がございます。
複数の設定方法があるため、詳細をご紹介します。

※念のため用語の定義だけ先に下記にしておきます。
例)下記のようなURLがあった場合

https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=xxxxxx

パラメータ:「id=xxxxxx」の部分
パラメータ名:「id=xxxxxx」の「id」の部分
パラメータ値:「id=xxxxxx」の「xxxxxx」の部分

1:回答毎に個別URL

2.png

回答者ごとに、ユニークのパラメータ(変数)を付与することで、
どこのURLからアクセスしたかを特定することができます。

https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=xxxxxx

※xxxxxxxxxxxx(パラメータ)部分に変数を付けることで、
どこのURLからのアクセスか分かる

例)店舗用アンケート向き
新宿店:https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=1
渋谷店:https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=2
池袋店:https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=3

2:固定URL、パスワード設定しない

・【URL】を知っている人であれば、誰でもアクセス可能。
・個別認識が不要

3.png

3:固定URL、固定パスワード

・【URLとパスワード】を知っている人であれば、誰でもアクセス可能
・個別認識が不要

4.png

4:固定URL、回答者毎に個別パスワード

・一つのURLで、個別にパスワードを発行することで個人識別が可能
※パスワードとして設定頂いた文字列は、回答者のIDとして
データに蓄積されます。

例)QRコードを発行して、個別認識がしたい時。
紙のアンケートを郵送して送る場合など向いている

5.png

特記事項

https://+++.surveroid.jp/open/?key=▼▼&id=xxxxxx
の文字列「xxxxxx(パラメータ)」が8文字と仮定すると約100万件は登録可能です。
(2倍の16文字だと50万件といった具合です)

・サーベロイドでは、URLの仕様を決めることは可能です。
しかしながら、
メール送信配信システムを持ち合わせていないため、
メールにて一斉送信したい場合は、お客様のメール配信システムを
ご利用ください。