TOPアンケート作成前の質問の回答を反映した選択肢の表示/非表示の設定方法 (選択肢引継ぎ)
最終更新日 : 2021/10/15

前の質問の回答を反映した選択肢の表示/非表示の設定方法 (選択肢引継ぎ)

「10ブランドのうち3しか知らない人に、次の質問では3ブランドだけ表示したい」といった【選択肢引継ぎ】機能があります。

設問タイプ【マルチ(複数回答)】が前問にある場合、次の設問では回答した選択肢を表示することができます。

★引継ぎ元の設問タイプ

 ・マルチ(複数回答)

★引継ぎ先の設問タイプ

 ・シングル(単一回答)
 ・マルチ(複数回答)
 ・マトリックスシングル
 ・マトリックスマルチ

メリット

前問で回答した選択肢のみが表示されるため、
回答者にとって関係のない選択肢を選ばせない様にすることができます。

例えばQ1「好きな果物を選んでください」(マルチ)という設問の後に
Q2「最も好きな果物を選んでください」(シングル)とした場合。
選択肢引継ぎ設定をするとQ1で回答した選択肢のみを表示されます。

設定方法

プロジェクト一覧 > STEP2 > 各設問、編集内の最下部に設定がございます。

スクリーンショット 2021-10-15 162510.png

その他

今回の機能はアドバンスモードとなります。
1つでもアドバンスモード機能を利用すると単価がUPしますが、アドバンスモード機能を何個使っても単価が上がり続けることはないです。
ぜひ使ってみてください。

例)
■スクリーング調査

~2000人回収:10,000円
 ↓
~2000人回収:15,000円※アドバンスモード時

■本調査

設問数 × 回収人数 × 10円
 ↓
設問数 × 回収人数 × 15円 ※アドバンスモード時

参考ページ

料金表ページ
https://surveroid.jp/price/

アドバンスモード機能一覧
https://tayori.com/q/surveroid-question-page/detail/103983/