TOP操作ガイド(応用編)4-2.社内ワークフローの活用
最終更新日 : 2022/02/17

4-2.社内ワークフローの活用

IMAoSでは社内ワークフローを設定することができます。社内ワークフローを設定することで、IMAoSから署名依頼を送信する前に、社内で契約内容につき承認者から「承認」をもらうことができます。承認者とはIMAoSに登録されたユーザーであれば、ロールに関わらずすべてのユーザーが承認者になれます。社内ワークフローは「契約の締結」のみで設定できます。

「契約を締結」をクリックします。

社内ワークフローは「契約の締結」のみで設定できます。

スクリーンショット 2022-02-03 20.56.08.png

社内ワークフローの設定.pdf

「自社ワークフロー」にチェックを入れます。承認者の「担当者名」「メールアドレス」を入力します。さらに承認者を追加する場合は「追加」をクリックします。

承認者はIMAoSに登録されているユーザーのみ指定できます。

スクリーンショット 2022-02-03 20.57.14.png

署名の依頼が完了すると、承認者に指定されたユーザーにメールが配信されます。承認者はURLをクリックします。

スクリーンショット 2022-02-03 21.00.00.png

URLをクリックすると「文書詳細情報」が表示されますので、「プレビュー」をクリックします。

スクリーンショット 2022-02-03 21.01.12.png

承認者が「送信」をクリックすると、署名者に署名依頼が送信されます。

スクリーンショット 2022-02-03 21.02.58.png

「却下」する場合は必要に応じて「理由」を記入し、「送信」をクリックしてください。申請者に「承認却下」のメールが送信されます。

スクリーンショット 2022-02-03 21.03.59.png

申請者に「承認却下」のメールが届きます。URLをクリックすると文書詳細情報が開きます。

スクリーンショット 2022-02-03 21.03.59.png

却下された場合、署名依頼は送信されません。また、再申請もできませんので、最初から登録し直してください。

スクリーンショット 2022-02-03 21.05.39.png