TOP場所人の居場所を言う
最終更新日 : 2021/01/22

人の居場所を言う

基本文型

N1 は N2です。/N1 はN2にいます。
N1=人(○○さん、課長、お母さん・・・)
N2=場所(あそこ、あちら、1階、会議室・・・)

【かんたん文法】

  1. 「人」の存在する場所を示す。

  2. 階数の言い方を確認。

  3. 場所は「屋上・地下」なども提示。
    屋上と屋根の違いがわかりにくい。屋上は「学校/病院/ビル/ホテルの屋上などで説明するとわかりやすい

  4. A:田中さんはどこにいますか。

B:田中さんはあそこにいます。

述部(主語でない部分)に助詞がついた疑問詞(何を、誰に、誰と、どこに など)がある疑問文では、いつも主語に「は」をつける。

例文

A:田中さんはどこですか。
B:田中さんはあそこにいます。