TOP誘う誘いを受ける(~ましょう)
最終更新日 : 2021/01/22

誘いを受ける(~ましょう)

基本文型

Vましょう

【かんたん文法】

  1. 「~ませんか」の答えとして。他に「いいですね」なども。

  2. 「~ましょう」のもう一つの意味として「今からみんなで飲みに行きま しょう 」などの 誘いの意味もある。

  3. 「~ませんか」と「~ましょう」 どちらも誘いの言葉として使えるが、まったく同じではない。

「~ませんか」=相手の意向を問う質問。相手の気持ちに配慮したやわらかい誘いの言葉。

「~ましょう」=相手が誘いを受けることが予想される場面で使う誘いの言葉。 予定の行動を行う場面で使うと、誘いよりもその行動を促す要素が強くなる。

例)「時間になりましたから、出発しましょう」 上記のような背景がない場面で使うと、相手に対して強引な印象を与える 可能性がある。

例)(初対面の相手に)「今晩一緒に食事をしましょう」

【ワンポイント】

・教室用語として「始めましょう」「立ちましょう」「座りましょう」「書きましょう」など

例文

A:仕事の後、飲みに行きませんか。
B:いいですね、行きましょう。