TOP推量 未来のことを言う(~だろう/~と思います)
最終更新日 : 2021/01/12

未来のことを言う(~だろう/~と思います)

基本文型

V普通形だろう
い形容詞普通形だろう
な形容詞普通形(だ )だろう
N普通形(だ )だろう

【かんたん文法】

  1. 断定を避ける表現。未来のことや不確かなことについて述べるのに使う。

2.「~だろう」は主に書き言葉で使われ、会話では「~と思います」や「~だろうと 思います」を使う。

「だろうと思います」は「と思います」より控えめな表現。

3.「たぶん」「おそらく」「きっと」などの語がよく一緒に使われる。

  1. 語尾を上げると相手の意見を聞いたり、確認したりする疑問文になる。

「私が言ったとおりだっただろう↑」 ただし、話し言葉で「だろう」を使うのはほぼ男性で、それも相手が目下の場合がほとんど。

【教えるときのポイント】

・会話では「~だろうと思います」の代わりに「~んじゃないかと思います」がよく使われる。

「彼は来ないだろうと思います」→「彼は来ないんじゃないかと思います」

例文

A:今年のボーナスはどうなると思いますか。
B:うーん、今年は売り上げがよくないですからね・・・。全く出ないということはないと思いますが、おそらく去年よりはかなり少ないだろうと思います。