TOP行く・来るどうやって行くのかを言う(交通手段の「で」)
最終更新日 : 2021/01/22

どうやって行くのかを言う(交通手段の「で」)

基本文型

N1 は N2で N3へ(に) 行きます。
N1=人(私、彼、彼女、○○さん・・・)
N2=交通手段(自転車、バス、電車、JR・・・)
N3=場所(学校、会社、天神、沖縄、アメリカ・・・)

【かんたん文法】

  1. 助詞「で」は手段、方法を示す。移動の動詞「行きます/来ます/帰ります」とともに用いて、乗り物などの交通手段を表す。

  2. 徒歩の場合は「歩いて」

  3. 疑問詞は「なにで」「なんで」の二通りある。「なんで」は「なぜ」と混同しやすい。

  4. 「どうやって」も提示する。

【ワンポイント】

・乗り物の語彙リスト

例文

A:どうやって帰りますか。
B:歩いて帰ります。