TOPあげる・もらう物の授受を言う(あげる)
最終更新日 : 2021/01/12

物の授受を言う(あげる)

基本文型

N1は N2に N3を あげました
N1=与え手
N2=受け手 N3=授受の対象物

【かんたん文法】

  1. 物の授受を表す。受け手は、助詞「に」で示される。

  2. 与え手が二人称(あなた)、三人称(彼、彼女、あの人・・・)で、受け手が 一人称(私)の場合は「くれます」を使う。

【教えるときのポイント】

・通常、教科書ではここで同時に「教えます」「貸します」「送ります」「電話します」などの動詞を一緒に提示して練習することが多い。(構文が同じため)「送ります」「電話します」などは、相手は人だけでなく、場所を表す名詞のこともある。

その場合、「場所+へ/に」となる。

例)会社へ電話をします。/学校に荷物を送ります。

・お年玉/お小遣い/お土産 などの語彙。

例文

A:何を編んでるの?
B:マフラー。
A:ふーん。誰にあげるの?
B:内緒。