TOP決定やってみることを言う(~てみます)
最終更新日 : 2021/01/12

やってみることを言う(~てみます)

基本文型

Vてみます

【かんたん文法】

1.できるかどうかわからない/結果がどうなるかわからないという状態で、何かを試みるという意味。

例)ちょっと食べて見ます。(おいしいかどうかわからないけど・・・) 先生に聞いてみます。(結果はわからないけどとりあえず・・・)

2.「Vてみたい」の形で実現するかどうかわからない願望を表す。 例)一度象に乗ってみたい。

【教えるときのポイント】

・「~前に」「とりあえず」などが、一緒によく使われる。

・「~てみてもいいですか」「~てみてください」も一緒に提示する。

例文

A:JLPTを受験するそうですね。何級を受けるんですか。
B:とりあえずN3 を受けてみます。