TOP場所 場所の名前を言う(「こそあど」/場所)
最終更新日 : 2021/01/22

場所の名前を言う(「こそあど」/場所)

基本文型

ここ/そこ/あそこはNです。
N=場所、建物、地域・・・(教室、トイレ、銀行、郵便局、福岡・・・)

【かんたん文法】

  1. 「ここ」「そこ」「あそこ」で練習。

「ここ」:話し手がいる場所
「そこ」:聞き手がいる場所/話し手と聞き手両方から少し離れた場所
「あそこ」:両方から離れた場所

  1. 「これ・それ・あれ」=物

「ここ・そこ・あそこ」=場所を表す指示詞

3.場所:学校や家の中の見取り図(教室、受付等)

建物:市街地図(デパート、郵便局等) 地域:日本地図や世界地図(福岡、ロンドン等)
*話し手しか知らない情報。案内するとき。

  1. 「すみません、郵便局はどこですか」「あそこです」なども提示。

例文

A:すみません、郵便局はどこですか。
B:あそこです。