TOP説明 物を強調して言う(「こそあど」+名詞)
最終更新日 : 2021/01/22

物を強調して言う(「こそあど」+名詞)

基本文型

この/その/あのN1はN2のです。
N1=もの(靴、傘、車・・・)
N2=N1の所有者

【かんたん文法】

  1. 「この・その・あの N は N のです」の形で、その物が誰の物なのかを言うことができる。いろいろなものがあって、「この」と強調したいときなど。

  2. 「これ・それ・あれ・どれ」+名詞→ 「この/その/あの/どの+名詞」になる。

  3. 「どのNが~さんのですか」なども提示してもよい。

【ワンポイント】

・「落し物入れにいろんなものがあり、「この!」と強調する」場面など。

・身の回りの物の語彙をたくさん入れると良い。

・「これ・それ・あれ・どれ」→「この・その・あの・どの N」と、形が変化することに慣れてないので「これ本は〜」などと、「これ」→「この」にしないまま名詞を付けて言ってしまうことが多い。

例文

A:この本は誰のですか。
B:私のです。