TOP受身させられたことを言う(使役受身)
最終更新日 : 2021/01/12

させられたことを言う(使役受身)

基本文型

N1は N2に V使役受身形
N1=行為を強制される人
N2=行為を強制する人

【かんたん文法】

  1. 自分の意志ではなく、誰かに強制されて何らかの行為をしたことを表す。

行為を強制する人は「に」で示す。

  1. 使役文から使役受身文への変換を練習する。

母は 私に 牛乳を 飲ませました。

私は 母に 牛乳を 飲まされました。

  1. 目的語の助詞は原文のまま変わらない。いろいろなパターンで練習する。

【教えるときのポイント】

・誰が強制して、誰が強制されるのか(実際に行為をするのか)をはっきりさせること。

例文

中学生のとき、母親にむりやり塾に行かされた。