TOP後悔・感謝程度が過ぎたことを言う(~過ぎました)
最終更新日 : 2021/01/11

程度が過ぎたことを言う(~過ぎました)

基本文型

Vます過ぎました
い形容詞(い )過ぎました な形容詞(な )過ぎました

【かんたん文法】

1.行為やものごとの状態が過度であることを表す。通常望ましくない状態の時に使われ、後悔や残念などの気持ちを含む。

【教えるときのポイント】

・最近は「とてもいい」というという意味で使われることも多い。

例)「これ、おいしすぎる」「彼女はかわいすぎる」など。

・「食べ過ぎました」「飲み過ぎました」などから、そのストーリーを考えさせるのもいい。

例)
A:昨日は食べ過ぎました。
B:どうしたんですか。
A:実は会社の送別会で・・・

・「形容詞過ぎる」は物事の感想や評価を述べるときによく使われる。

例)
このカレーは、私には辛過ぎる。/彼女のファッションは奇抜過ぎる。

例文

A:なんでこんなにたくさんビールを買ったの?冷蔵庫に入らないよ。
B:ごめん。すごく安かったんで、買い過ぎちゃった。