TOP完了 完了して、次の行為をを言う(~てから)
最終更新日 : 2021/01/12

完了して、次の行為をを言う(~てから)

基本文型

Vてから

【かんたん文法】

  1. 二つの行為の時間的な前後を表す。前件の行為完了後に、後件の行為を行うということを表す。 時制は文末によって決まる。

  2. 従属節(から節)の中の主語は、「が」で示される。 例)本田さんが来てから、ミーティングを始めましょう。

例文

A:明日の会議は午前 10 時からです。
B:朝 9 時に取引先との約束がありますから、用事が終わってから参加します。