TOP理由理由を言う(~んです)
最終更新日 : 2021/01/12

理由を言う(~んです)

基本文型

V普通形んです
い形容詞普通形んです
な形容詞普通形(だ →な)んです
N普通形(だ →な)んです

【かんたん文法】

  1. 話し手が自分の行動や発言に関して、理由や事情を述べる表現。

  2. 依頼や誘いを断るときに、その理由を付け加えるのによく使われる。
    「申し訳ない」という 気持ちが含まれている。

例)
A:日曜日にみんなでバーベキューをしますから来てください。
B:すみません。週末は出張で東京に行かなければならないんです。

【教えるときのポイント】

・「から」と「んです」の違いをよく聞かれる。

例文

A:すみません。ちょっと病院に行って来たいんですけど。
B:どうしたんですか。
A:朝から頭が痛いんです。頭痛薬も飲んだんですけど、全然効かなくて・・・。
B: それはいけませんね。どうぞ、すぐに行ってください。