TOP推量 将来の予想(~そうです)
最終更新日 : 2021/01/12

将来の予想(~そうです)

基本文型

Vますそうです

【かんたん文法】
1. いろいろな状況から近い将来に起きる可能性があることを述べる表現。

  1. 「これから」「ますます」「もうすぐ」などの語が一緒によく使われる。

  2. 話し手の意識的な行為には使えない。
    ×今日は残業せずに帰りそうです。
    ○今日は残業せずに帰れそうです。

  3. 否定形は「~そうにもありません」
    「に」「も」どちらかを省略可能。
    「も」をつけた方が打消しの気持ちが強くなる。

・当分雨は降りそうにありません。

・当分雨は降りそうもありません。

  1. 視覚情報から判断して今にも何かが起きそうだということ(感じ・兆候)を述べる用法もある。

【教えるときのポイント】

・伝聞の「そうです」と混同しないように注意。

例文

模擬試験の結果が出た。このままでは志望の大学に通りそうもない。