TOP道案内 道案内をする(~と、~)
最終更新日 : 2021/01/12

道案内をする(~と、~)

基本文型

V辞書と、~

【かんたん文法】

1.ある事柄が起こったり、ある動作が行われると、必然的に別の事柄や動作が続いて起こること を表す。

2.「~と、~く/に なります」「~と、(~に)~があります」の形がよく使われる。

  1. 人が意識的にする動作の手順は「~て、~」、自然に起こることは「~と、~」

・このボタンを押して、火をつけます。

・このボタンを押すと、火がつきます。

【教えるときのポイント】

・「歩く/渡る/散歩する」などの移動動詞は通過点を「を」で示すが、これを「~へ」「~で」 とする誤りが多いので注意。