TOP推量状況からの判断(~ようです)
最終更新日 : 2021/01/12

状況からの判断(~ようです)

基本文型

V普通形ようです
い形容詞普通形ようです
な形容詞普通形(な)ようです
N普通形(の)ようです

【かんたん文法】

  1. 話者が観察した状況からの判断を述べる表現。話者の感覚による主観的な判断なので、客観的な 証拠がなくても言える。

2.「~ようだ」には、あるものを別のものにたとえて言う用法もある(比喩・例示)

【教えるときのポイント】

・話し言葉では「~みたいです」がよく使われる。「~ようです」は書き言葉や、改まった会話で 使われる。

「~みたいです」は「な形容詞」「名詞」の非過去・肯定の接続が「~ようです」と 異なるので注意。

な形容詞普通形(だ)みたいです

N普通形(だ) みたいです

例文

せっかく遊びに来たのに、友だちは留守のようだ。部屋の電気がついていない。