TOP敬語 尊敬語(特別尊敬語)
最終更新日 : 2021/01/12

尊敬語(特別尊敬語)

基本文型

特別尊敬語

【かんたん文法】

  1. その言葉自体に尊敬の意味が含まれている動詞。

2.「受身敬語」→「お~になります」→「特別尊敬語」の順に敬意が高くなる。

3.「お~になります」と「特別尊敬語」は、それぞれ使える動詞に制約があるので、補いながら使う。

例文

A:来週の懇親会には社長がいらっしゃいます。
B:料理とお酒は何を用意したらいいでしょうか。
A:社長は何でも召し上がる方ですから、特に気を遣わなくても大丈夫でしょう。それよりも2 次会の手配をお願いします。お酒がお好きなので、懇親会の後は必ず飲みに行かれると 思います。
B:けっこうお年なのにお元気ですね。