TOP進行形 同時進行の動作を言う(~ながら、~ています)
最終更新日 : 2021/01/22

同時進行の動作を言う(~ながら、~ています)

基本文型

Vますながら、Vています

【かんたん文法】

  1. 2 つの動作を同時に行っていることを表す。

  2. 重要な行為は通常後ろに置かれる。

【ワンポイント】

・可能形で文章を作ると、自慢などになる。

例)一輪車に乗りながら、なわとびができます。

・「~ながら、~てはいけません」など、子どもに注意するときもよく使われる。

例)テレビを見ながら、勉強してはいけません。

例文

電話をしながら、車を運転してはいけません。