TOP 「て形」
最終更新日 : 2021/01/13

「て形」

【ポイント】

1. 動詞は、活用の型により3グループに分けられる。

Iグループ・・・「ます」の前が「い行」で終わるもの。

例)話します→「ます」の前が「し」で、「い行」 になって いる。

IIグループ・・・「ます」の前が「え行」で終わるもの。

例)食べます→「ます」の前が「べ」で、「え 行」になって いる。

ただし、例外として「見ます/起きます/います/借ります 他」 などもIIグループになる。

IIIグループ・・・「来ます」「します」の二つだけ。

2. 通常、IIグループが一番活用がやさしいので、IIグループから教えることが多い。

(II→III→Iグループの順)

IIグループ:ます→て(食べます→食べて)

IIIグループ:します→して/来ます→来て(勉強します、買い物します等、「名詞+します」の形も含まれる。

Iグループ:いちり→って/にみび→んで/き→いて/ぎ→いで/し→して

書きます→「ます」の前が「き」なので、「き」→「いて」に変化させる=「書いて」。

ただし、例外として「行きます」→「行って」になる)