TOP敬語丁寧語
最終更新日 : 2021/01/12

丁寧語

基本文型

特別謙譲語

【かんたん文法】

  1. 丁寧な言葉を使うことで、聞き手への敬意を表す表現。一番よく使うのは「です」「ます」だが、より改まった表現として「ございます」などもある。

「あります」 →「ございます」
「です」 →「でございます」
「~てもいいですか」→「~てもよろしいでしょうか」

謙譲語+「てもよろしいでしょうか」(伺ってもよろしいでしょうか)

形容詞+ 「ございます」(おいしゅうございます)

例文
(レストランで)「空いたお皿をお下げしてもよろしいでしょうか」