TOP伝聞反対のことをする(~ないで、~)
最終更新日 : 2021/01/12

反対のことをする(~ないで、~)

基本文型

Vないないで

【かんたん文法】

1.「XないでY」の形で普段と違うこと、普通はしないことをすることを表す。

通常であればXするのだが、何らかの理由で代わりにYするという意味。

例)今日は頭が痛いので、会社に行かないで家で休みます。

2.「Vないずに」という言い方もある。「~しないで」は「~せずに」になる。

【教えるときのポイント】
・他の人と違うことをするときに使うことが多い。

例)進学しないで就職します/土日も休まないで仕事します

例文

私は健康のため、エレベーターを使わないで階段を上ることにしている。