TOP確認共感の気持ちで言う(~ね)
最終更新日 : 2021/01/22

共感の気持ちで言う(~ね)

基本文型

~ね。

【かんたん文法】

  1. 終助詞「ね」。共感、同意、確認を表す。 話し手、聞き手双方が知っていることについて述べるときに使う。

  2. 「よ」との違いも提示。
    「よ」=聞き手にとっての新情報を与えるときに使う。

例)「あの方はどなたですか」「○○社の社長ですよ 」

【ワンポイント】

・天候の話題など、会話のきっかけとして使われることが多い。

例文

A:毎日暑いですね。
B:そうですね。早く涼しくなってほしいですね。