TOP 「命令形・禁止形」
最終更新日 : 2021/01/13

「命令形・禁止形」

【ポイント】

1.Iグループ・・・書きます→書け/書くな

IIグループ・・・食べます→食べろ/食べるな

IIIグループ・・・します→しろ/するな

・ 来ます→来い/来るな

2.命令形は強いので、使う場面は限られる。

ほとんど男性が使う。

「わかる」「できる」「ある」などの意思を 含まない動詞は命令形がない。

3.使われる場面としては、
①年齢の上の男性から下の人に
②親から子供に
③工場などでの指示
④火事や地震など
の緊急時の指示
⑤応援
⑥6交通標識や標語など。

4.禁止形はある動作をしないことを命令する。使う場面は限られる。