TOPあげる・もらう 物の授受を言う(もらう)
最終更新日 : 2021/01/12

物の授受を言う(もらう)

基本文型

N1は N2に N3を もらいました
N1=受け手
N2=与え手
N3=授受の対象物

【かんたん文法】
1.「もらいます」は「あげます」と同じ授受関係を受け手の側から表した表現。

【教えるときのポイント】

・教科書ではここで同時に「借ります」「習います」などの動詞を一緒に練習することが多い。

・相手が人ではなく、会社や学校などの組織である場合は、「に」ではなく「から」を使う。

例)学校から賞をもらいました。/友だちにCDをもらいました。

・まずは第三者間の「あげる・もらう」を導入後、「私」が主語の文を導入。ただし、実際によく使うのは、「私」が主語の場合なので、練習量は調整する。

例文

1. 私は友だちに誕生日プレゼントをもらいました。