TOP助詞 <よ> 強調
最終更新日 : 2021/01/13

<よ> 強調

文型:バスは今出ましたよ。

【ポイント】
1.聞き手の知らない情報を述べる時。しかし、必ず用いなければならないわけではない。

2.命令や依頼文にもつく。

例)早く来いよ。

・ イントネーションが上昇しない「よ」=相手をとがめる感じ
・ イントネーションが上昇する「よ」=やわらかい表現

3.「よね」は、「ね」の意味に近い。同意を求めたり確認したりする「ね」は「よね」に置き換え可能。

ただし、「よね」の方が少し記憶や意見に不確かな感じがある。

例)今日から 9 月だよね。

話し手の記憶と現実にギャップがある場合、「よね」が自然。

例)明日試験だよね。

*「ね」「よ」「よね」は、聞き手がどれだけその情報を知っているかを話し手の判断によって使い分けされる。