TOPあげる・もらう物の授受を言う(くれる)
最終更新日 : 2021/01/12

物の授受を言う(くれる)

基本文型

N1は 私に N2を くれました
N1=与え手
N2=授受の対象物

【かんたん文法】
1. 話し手が他の人に物を与える場合は「あげます」を使い、他の人が話し手に物を与える場合は「くれます」を使う。

2.「くれます」の受け手は、話し手だけではなく話し手の身内も可能。(家族、親友など)

例)社長は私の母にお土産をくれました。

【教えるときのポイント】

・実際の会話では、「私に」は省略されることが多い。

省略したとき、「は」→「が」になる。

例文

父が合格祝いに時計をくれました。