TOP自己紹介間違った情報を否定する
最終更新日 : 2021/01/22

間違った情報を否定する

基本文型

N1はN2じゃありません/ではありません
N1=私、彼、彼女、こちら、あの方、その人・・・
N2=名前、職業、身分、国籍

【かんたん文法】

1.「じゃ(では)ありません」は、学習者にとっては長くて言いにくい場合もある。

うまく言えない場合は、後ろから区切ってリピートさせるとよい。

例)
①「ありません」

②「じゃありません」

③「日本人じゃありません」

2.日常会話では「じゃないです」を使う日本人も多いので、学習者によっては文法的な説明はせず、形だけ提示してもよい。

【ワンポイント】

「じゃありません」と「ではありません」の違い。「ではありません」の方が丁寧な場面で使われることが多い。

<例 文>

1. 私は田中じゃありません。 (名前)
2. 周さんは中国人じゃありません。 (国籍)