TOP自己紹介習慣的な行為を 2 つ言う
最終更新日 : 2021/01/22

習慣的な行為を 2 つ言う

基本文型

VますながらVています

【かんたん文法】

1.「V ながら V」で、継続的に 2 つの行為を同時に行っていること(仕事や勉強など)を表す。

  1. 「ながら」の後ろの方が重要な行為になる。

  2. 時制は文末で決まる。(「ながら」の前は時制に左右されない)

【ワンポイント】

・「~ながら」には 2 つの動作が同時進行していることを表す用法もあるので、学習者が混乱しないように状況設定をはっきりさせる。

例)父がお酒を飲みながらテレビを見ている。など。

<例 文>
1.会社で働きながら、資格をとるために専門学校に通っています。