TOP自己紹介所属先の身分を言う(所属の「の」)
最終更新日 : 2021/01/22

所属先の身分を言う(所属の「の」)

基本文型

N1はN2のN3です。
N1=私、彼、彼女、○○さん、あの方、その人・・・
N2=会社名、学校名、組織名 N3=身分

【かんたん文法】】

1.「N2 の N3」の形で、会社や学校などでの役職や身分を表す。

  1. 日本語の語順では、前の名詞が後ろの名詞を修飾する。

  2. 後ろの名詞が主に述べたい情報。

4.「の」は「~に所属している」という意味を表す。

【ワンポイント】

「の」は、前後の名詞と名詞を繋ぎ、その関係性を表すもの。

「は」の前後関係は「主題」と「説明」の関係だが、「の」は修飾関係であることを確認する。

・ 「職業」と「身分」の違いをよく質問される。「会社員=職業」「社員=身分」である。

<例 文>
1. 彼女はさくら大学の学生です。