TOP習慣いつその行動をするか言う
最終更新日 : 2021/01/22

いつその行動をするか言う

基本文型

N(に)V 。
N=時を表す名詞(○時、○日、○曜日、今日、明日、今週、来週・・・)

【かんたん文法】

  1. ①時を表す言葉が数字を含む場合→ 助詞「に」 がつく。(6 時に、10 日になど)

②「今日/明日」など数字を含まない時を表す言葉の場合→ 「に」がつかない。(「来週に」は×)

③「曜日」→ 「に」がつく場合とつかない場合がある。(「月曜日(に)」)

  1. 「昨日/明日」などは、はっきりと時制がわかるが、「今日」という言葉は時間帯によって、「今日働きます/今日働きました」の両方にとれるので、注意して提示する。

  2. 疑問詞は「いつ」「何○に」(何時に、何日に、何曜日に、何月に・・・)

【ワンポイント】

・時を表す言葉の語彙リスト

・「○時頃」「○時ぐらい」もよく使われるので、一緒に提示するとよい。

例文

A:いつ日本へ来ましたか。
B:去年の3月に来ました。