TOPあげる・もらう行為の授受+敬語(~て   いただく)
最終更新日 : 2021/01/12

行為の授受+敬語(~て   いただく)

基本文型

NにVていただきました
N=行為の主体で話者より目上の人

【かんたん文法】
1.「~てもらう」の敬語。行為の主体が話者より目上あるいは話者とあまり親しくない人の場合は「~てもらう」ではなく「~ていただく」を使う。

2.行為の受け手が存在する動詞の場合は行為を受けたということだが、「飲む」「食べる」などの 動詞の場合は、話者がお願いして、してもらったという意味になる。

例)社長に行き方を教えていただきました。

社長に試作品を食べていただきました。

社員が社長に食べるようお願いしたという意味が含まれる。

例文

社長に高いお寿司をごちそうしていただきました。