TOP日本語レッスン資料JLPT 日本語能力試験とは
最終更新日 : 2021/01/13

JLPT 日本語能力試験とは

JLPT日本語能力試験とはJapanese-Language Proficiency Testの略で、日本語を母国語としない方のための日本語能力を測定するための検定です。

JLPTにはN1、N2、N3、N4、N5の5段階のレベルがあり、数字が小さくなるにつれて難易度が高くなります。

この試験では、「言語知識」、「読解」、「聴解」という3つの要素により、総合的に日本語のコミュニケーション能力を測っています。

テストに申し込み、合格点以上をとるとその資格が授与されます。

7月上旬、12月上旬の2回実施されます。

仕事の為にJLPTを受験する人は、JLPTの資格を保持していると日本、または母国での就職、昇給、昇進に有利に働くため受験する人が多いです。

合格の目安

N5
基本的な日本語をある程度理解することができる

N4
基本的な日本語を理解することができる

N3
日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

N2
日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる

N1
幅広い場面で使われる日本語を理解することができる

詳細ページ:
https://www.jlpt.jp/