TOP仮定必要な条件を言う(~ば)
最終更新日 : 2021/01/12

必要な条件を言う(~ば)

基本文型

条件形 ~ば

【かんたん文法】

1. 目的を達成するための条件を言う。後文の内容を実現するための条件を前文のば節で述べる。

2.「~ば」と「~なければ」に分けて練習する。

「~ば」
①何かがしいけどできない/わからないという状況
②でもしたい/知りたい
③できる/わかる方法
(条件)=それをしなければできない/わからない

「~なければ」
後文にはネガティブな内容が来ることが多い。
肯定形よりも強い意味。

  1. 動詞だけでなく、形容詞、名詞でも練習する。

【教えるときのポイント】

・「たら」で代用されることも多い。

「条件」というニュアンスをよりわかりやすくするために、 社会的なルールなどで練習するとよい。

例)お酒は 20 歳になれば飲めます。

例文

A:N2の勉強はどうですか。進んでいますか。
B:漢字が難しくて・・・。合格できそうにありません。
A:N2に合格しなければ、希望の学校には入れませんよ。がんばりましょう。