TOP仮定 特別な場合にどうするかを言う。(~場合は)
最終更新日 : 2021/01/12

特別な場合にどうするかを言う。(~場合は)

基本文型

~場合は

【かんたん文法】

  1. いろいろな可能性の中から、一つの事態を取り上げる場合に使われる。後文は「その場合」 に対する対応や結果。

  2. ある状況、事態を仮定的にとらえて、その仮定が現実になったらどうするか/どうなるかを述べる。

例文
A:新入社員の歓迎会はどこでやりましょうか。
B:ワカミヤ食堂がいいでしょう。予約しておいてもらえますか。
A:わかりました。でも、ワカミヤ食堂は人気がありますからね。予約が取れなかった場合は、どうしましょうか。
B:日程をずらすか、他の店にするか、そのとき考えましょう。
A:わかりました。