TOP完了 しないでほしいことを依頼する(~ないで      ください)
最終更新日 : 2021/01/11

しないでほしいことを依頼する(~ないで      ください)

基本文型

Vない でください

【かんたん文法】

1.「Vない でください」は相手にある行為をしないことを依頼したり、指示したりするときに使われる。

【教えるときのポイント】

・マナーに関する場面:たばこ/携帯電話/ごみ…

・相手がそうするのが当然であるような状況で使われるため、規則などで禁止されている場面での練習がよい。

・ごく親しい関係の場合は「~ないでね」などが使われる。

例文

エアコンをつけていますから、窓を開けないでください。