TOP様子・感想人の性格、物事の様子を言う(形容詞)
最終更新日 : 2021/01/22

人の性格、物事の様子を言う(形容詞)

基本文型

Nは形容詞

【かんたん文法】

  1. 形容詞には人の性格や特徴、物事に関する形容詞、感情を表す形容詞などがある。

2.  形容詞の働き

①述語になる

②名詞を修飾する

③動詞を修飾する(副詞的用法)

  1. 日本語教育における形容詞

「い形容詞」(国語教育における「形容詞」)と「な形容詞」(国語教育における「形容動詞」) 両者の区別の仕方は、最後が「い」で終わるものがほぼ「い形容詞」。

例外として「きれい」「ゆうめい」など、「い」で終わるが「な形容詞」のものもある。

4.  外来語(スマート/キュート/ハンサム・・・)は「な形容詞」

  1. 真偽疑問文は、動詞文同様、疑問文中の形容詞を繰り返して答える。
    「そう」を使って答えることができない。「そう」で答えられるのは名詞文のみ。

  2. 形容詞の並列:「このお店は安いです。そし ておいしいです。」
    逆接:「このお店はおいしいですが 、高いです」

7. 「い形容詞」の活用は学習者にとって難しいので、テキストによっては過去形と非過去形を 同じ課で扱わないこともある。

い形容詞:おいしい→おいしかった/おいしくない→おいしくなかった
な形容詞:ひまです→ひまでした/ひまじゃありません→ひまじゃありませんでした 8. とても+肯定/あまり+否定

8.疑問詞は「どう」

【ワンポイント】

・人の性格、事物、感情(+、-の感情それぞれ)で分けて形容詞リストを作成するとよい。

例文

山田さんはまじめです。