TOPあげる・もらう 物の授受+敬語(くださる)
最終更新日 : 2021/01/12

物の授受+敬語(くださる)

基本文型

N1は 私に N2を くださいました
N1=与え手(「私」より目上の人)
N2=授受の対象物

【かんたん文法】
1.「くれます」の敬語。

与える人が話し手より目上の場合は、「くれます」ではなく「くださいます」を使う。

例文

A:立派な鯛だね。どうしたの。何かのお祝い?
B:お隣のご主人がくださったの。釣りが趣味でご自分で釣って来られたんですって。
A:へー。そりゃすごい。