TOP日常生活 何を使ってするのかを言う(道具/手段の「で」)
最終更新日 : 2021/01/22

何を使ってするのかを言う(道具/手段の「で」)

基本文型

NでV
N=道具(はし、はさみ、鉛筆、フライパン、包丁・・・)
手段(現金、カード、インターネット、宅急便、速達・・・)

【かんたん文法】

1.「道具+で」=その道具を使って

「手段+で」=その手段を利用して

2.疑問詞は「なんで」

【ワンポイント】

・いろいろな道具の単語リスト(文房具/台所用品 など)

・いろいろな手段の単語リスト

手紙(速達、書留、エアメール・・・)
通信手段(電話、FAX、e-mail…)
支払い手段(カード/現金/トラベラーズチェック・・・)   など

・インターネットでできること

例文

A:あなたの国では何でご飯を食べますか。

B:ナイフとフォークで食べます。/手で食べます。