TayoriBlogTayoriBlog

キーワードから探す

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

  • フォーム
  • FAQ
  • チャット
  • アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者向け】ブラウザとは?代表的な7種類のブラウザ&それぞれの特徴を比較

インターネットを利用するための「ブラウザ」。インターネット検索や、あなたが今見ているこのWebページを表示することも、ブラウザがなければできません。

本記事では、ブラウザとは何か、どんな種類があるのかを解説。

代表的な7種類のブラウザと、それぞれの特徴も紹介します。ぜひ、自分に合ったブラウザを探してみてください。

そもそも「ブラウザ」とは何のこと?

ブラウザとは、インターネットを使って検索したり、Webサイトを見たりするのに必要なもの。つまり、あなたが今活用しているソフトそのものがブラウザです。

Webブラウザ、インターネットブラウザなどと呼ばれることもあります。

「ブラウザ」は何をするために使うの?

ブラウザでは、インターネットに接続する以外にも様々なことができます。

お気に入り(ブックマーク)機能を使ったり、閲覧履歴から過去に見たWebページを探したりといった機能は、どんなブラウザにも備わっています。

次からは、ブラウザとはどんなものか、より具体的に見ていきましょう。

インターネットを利用するために使う

繰り返しになりますが、ブラウザとは「インターネットを利用するために使うもの」です。

パソコンやスマートフォンから、インターネットにアクセスする際には、Wi-Fiを始めとするインターネット接続環境と、Webサーバーに接続するためのソフトウェアが必要です。

このソフトウェアこそが「ブラウザ」と呼ばれるものです。

ブラウザは好きなものに切り替えることもできる

ところで、あなたは今どのブラウザを使って、Webページを見ているでしょうか。

スマートフォンを使っているなら「Safari」かもしれませんし、PCを使っているなら「Google Chrome」かもしれません。

ブラウザとは種類が豊富であり、対応した機器であれば、好きなものに切り替えることもできます。

例えばスマートフォンの「Safari」を使っている人でも、Appストアから「Google Chrome」をインストールすれば、「Google Chrome」でインターネットを利用できます。

代表的な7種類のブラウザ別の特徴

次に、代表的な7種類のブラウザを紹介します。

  1. Google Chrome
  2. Safari
  3. Firefox
  4. Opera
  5. Internet Explorer
  6. Microsoft Edge
  7. Smooz

各ブラウザの特徴や、「どんな使い方をする人」に向いているのかもお伝えします。

自分にとって使いやすそうなものを探しながら、読み進めてみてください。

1.Google Chrome

Google Chrome」とは、日本で56%、世界では64%(2020年10月現在)と、世界で最もシェア率の高いブラウザです。

「直感的な操作性」と「デバイスを超えた設定共有」が特徴です。

ヘルプを読まなくても「何となく使える」、PCで保存したパスワードや設定をスマートフォンにも引き継げるなど、使いやすさを追求しています。

参考:WebブラウザシェアランキングTOP10(日本国内・世界)

https://webrage.jp/techblog/pc_browser_share/

2.Safari

Safari」とは、MacやiPhoneで有名な「Apple」が開発したブラウザです。

iPhoneに標準ブラウザとして搭載しているため、iPhoneユーザーなら、まず間違いなく使ったことがあるでしょう。

MacやiPhoneのホーム画面にある、「白地に青い羅針盤」のアイコンが「Safari」です。

「Safari」は、どんなブラウザにも搭載されている「ブックマーク機能」のほかに、ストに追加したWebサイトを、オフライン状態でも閲覧できるようにする「リーディングリスト機能」を搭載しています。

電波の悪い地域に住んでいる人、長距離移動の多い人にとって、便利な機能です。

3.Firefox

Firefox」とは、世界でのシェア率が「Google Chrome」に次いで高いブラウザです。

(2020年10月現在での世界シェア率は5.14%)

「シンプルで見やすい画面」「検索バーに任意の検索エンジンを追加」「高いカスタマイズ性」など、便利さを追及した機能が特徴で、開発者からも支持されています。

例えばFirefoxの検索バーには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンはもちろん、SNSの検索ボックスのような「Webサイト内の検索エンジン」も追加できます。

カスタマイズやアドオンの追加などにより、検索結果のページをスクロールだけで続きを表示したり、よく使うWebサービスとブラウザを連携させたりできます。

4.Opera

Opera」とは、使いやすさにこだわったブラウザです。

例えばブラウザの見た目を自分好みにカスタマイズしたり、「Google Chrome」と同じ拡張機能を使えたりします。

マウス操作だけで、「Webページの戻る・進む」や「タブの切り替え」ができる、マウスジェスチャー機能も搭載。

特定の操作やWebサイトへのアクセスが多い人にとっては、より使いやすく感じるでしょう。

5.Internet Explorer

Internet Explorer」とは、日本でのシェア率が「Google Chrome」に次いで高いブラウザです。(2020年10月現在での日本シェア率:7.73%)

Windows PCに標準搭載されているブラウザが、「Internet Explorer」。デスクトップやツールバー(画面下にあるたくさんのアイコンが並んでいるバー)にある、水色の「e」のアイコンがInternet Explorerです。

ただし、「Internet Explorer」に対応していないサービスも増えつつあり、Windows10以降は、次にお伝えする「Microsoft Edge」が標準ブラウザとなりました。

知名度の高いブラウザではありますが、これからあえてInternet Explorerを活用することは、あまりおすすめだとはいえないでしょう。

6.Microsoft Edge

Microsoft Edge」とは、「Internet Explorer」に代わり、Windows PCに標準搭載されるようになったブラウザです。

基本的に、Internet Explorerよりも動作が軽快で、拡張機能も充実しています。

Webページに手書きのメモやテキストを書き込める「Webノート」や、不要な広告やボタンを取り除き、画像とテキストだけでWebページを閲覧できる「読み取りビュー」など、ユニークな機能が多いのも、「Microsoft Edge」の特徴です。

7.Smooz

Smooz」とは、スマートフォンでの使いやすさにこだわったブラウザです。

例えば、「Smooz」での検索結果ページには、各検索結果の横に「新規タブ」ボタンが表示されています。「新規タブ」ボタンをタップするだけで、Webページを新しいタブで開くことが可能。それぞれのタブは、指を左右にスワイプするだけで切り替えできます。

ほかにも、指のジェスチャーだけでタブを閉じたり、ブックマークを開いたりと、スマホからでもまるでPCを操作しているかのようにスムーズにインターネットを活用できます。

自分にあったブラウザを活用しよう

インターネットを利用するために欠かせない「ブラウザ」。日本人にとって馴染み深い「Google Chrome」や「Internet Explorer」のほかにも、さまざまな種類があります。

画面の見た目にまでこだわりたいPCなら、ブラウザのデザインをカスタマイズできる「Opera」。操作性が大切なスマートフォンなら、スワイプやジェスチャーで素早く操作できる「Smooz」というように、使う端末や自分の利用方法に合わせて、ブラウザを使い分けるのもいいでしょう。

ブラウザ選びには、「絶対コレがいい!」という正解はありません。まずはいろいろなものを使ってみて、自分に合ったブラウザを探してみてください。

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

関連記事