TOPマニュアル6.16.4. 親シナリオからエクセルを継承
最終更新日 : 2022/02/22

6.16.4. 親シナリオからエクセルを継承

親シナリオAから別シナリオ実行コマンドで呼び出された子シナリオBへ、エクセル参照IDを継承するコマンド。本コマンドは子シナリオBで利用する。

6.16.4-1.png
6.16.4-2.png
  • 名称  :      内容
  • 継承する対象: 継承したいデータの数を選択する。
  • 継承エクセル参照ID: 親シナリオで定義されたエクセル参照IDを指定する
  • シナリオ名: 継承対象が「すべてのデータ参照ID」のときに表示される。 親シナリオを選択する。

シナリオ例(親シナリオからエクセルを継承・1つの参照ID):

親シナリオAで定義したエクセル参照ID「エクセルA」を子シナリオBから本コマンドを利用して継承する。親シナリオAでエクセルを起動し、子シナリオBで編集する。

6.16.4-3.png
6.16.4-4.png

シナリオ例(親シナリオからエクセルを継承・1つの参照ID)の実行結果:

エクセルを編集した。つまり、子シナリオBでエクセル参照IDが継承されたことが確認できる。

6.16.4-5.png

シナリオ例(親シナリオからエクセルを継承・全ての参照ID):

親シナリオで新規エクセルAとBを開き、子シナリオ側で編集するシナリオ。

6.16.4-6.png
6.16.4-7.png

シナリオ例(親シナリオからエクセルを継承・全ての参照ID)の実行結果:

6.16.4-8.png
6.16.4-9.png

関連する質問