【ビジネスアカウントの運用】LINE公式アカウントの5つの機能と、効果的な使い方

SNSでシェア

LINE公式アカウントの使い方

ビジネスでLINE公式アカウントを活用しようか、検討している方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、LINE公式アカウントを利用するメリットや、料金、効果的な運営方法について紹介します。

LINE公式アカウントが自社と顧客にあっているのかから確認していきましょう。

2019年春に生まれ変わった「LINE公式アカウント」

日本人のコミュニケーションツールとして老若男女に根付いたLINE。2020年3月末時点で、8400万人以上、日本の人口の66%以上を締める人が利用しています。

参照:LINE Business Guide 2020年7〜12月期版 v1.0

LINEは個人的に利用するプライベートアカウントに加え、ビジネス用のアカウントも作成できます。

これまで、「LINE@」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」「LINE 公式アカウント」など様々なサービスが展開されていましたが、2019年春にこれらのサービスが統合して「LINE公式アカウント」と生まれ変わりました。

現在、LINEをビジネスとして利用する際には、「LINE for Business」から、公式アカウントを作成することになります。

LINE公式アカウントを作成する5つの機能・メリット

LINEで公式アカウントを作成することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。LINE公式アカウントだからこそ利用できる、5つの機能について紹介します。

1.友達追加されたユーザーと密なコミュニケーションが取れる

LINE公式アカウントの1つ目の機能は、友だち追加されたユーザーとコミュニケーションが取れることです。

LINE公式アカウントは、友達になっているユーザーに一方的にメッセージを送信するだけだと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、1対1の個別メッセージでやりとりすることも可能です。

個人で使っているLINEトークのように、顧客と親密なコミュニケーションが可能です。

2.セグメント別にメッセージ内容を変更できる

LINE公式アカウントの2つ目の機能は、セグメント別にメッセージの内容を変更できることです。

LINE公式アカウントでは、個別のメッセージだけではなく、友だち追加されたユーザーに対して一括でメッセージを送信できます。

友だち追加されているユーザーは、性別・年代・都道府県別の居住地などのセグメントに分類可能。それぞれのセグメントにあった内容のメッセージを送信できるため、開封率やクリック率が高まります。

3.リッチメニューを追加できる

img_index07

出典:LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの3つ目の機能は、リッチメニューを追加できることです。

公式アカウントは、通常のアカウントと異なりトークルーム下部にリッチメニューを追加できます。アクセスしてほしい記事へ導線を作ったり、お問い合わせの導線を作ったりなど、目的にあわせて活用できます。

ショップカードや会員登録証の導線としても使えるできるなど、自社にあわせて活用しましょう。

4.レポート機能を使える

LINE公式アカウントの管理画面

LINE公式アカウントの4つ目の機能は、レポート機能です。

メッセージ、タイムライン、友だちの追加数やリーチ数など様々な情報が分析できます。

特別な設定やタグを設定したりすることなくレポートが見られるので、忙しいカスタマーサポート担当者・マーケティング担当者には嬉しい機能ではないでしょうか。

5.ショップカード、クーポン抽選機能が使える

img_index08

出典:LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの5つ目の機能は、ショップカードやクーポンの抽選機能が使えることです。

特にスタンプカードやポイントカードは「カードを作っていたけれど、持ってくるのを忘れた」「なくしてしまった」などのトラブルがおきやすいもの。いつも手元にあるスマホで管理できるのは顧客にとっても嬉しいものです。

また、Webで会員証を管理している場合、IDやパスワードなどを入力する必要があることから、少し面倒に感じてしまいがちです。また、事業者にとってもWebで会員ページを作るのはコストがかかります。LINEだけで簡単に会員機能が作成できるのはユーザだけでなく、事業者にとっても大きなメリットだといえるでしょう。

img_index09

出典:LINE公式アカウント

また、ショップカードやスタンプカードだけでなく、クーポンが発行できることもポイントです。見込み顧客への集客に繋がります。

LINE公式アカウントの料金プラン

スクリーンショット 2020-07-06 12.23.46

出典:LINE for Business 料金プラン

LINE公式アカウントは、3つのプランから選択できます。

1ヵ月1000通までのメッセージなら、無料で利用可能です。どの程度メッセージを利用するのかによって料金が変わるので、利用する頻度や登録している友だち数からプランを検討しましょう。

また、無料プランの場合LINEで検索できる「ID」は、3桁の数字と5桁の英字がランダムに割り振られます。「ランダムな英数字では検索しにくい」「店名をIDにしたい」という場合は、年額1,200円のプレミアムIDを購入する必要があります。

支払い方法は、LINE Pay、請求書、クレジットカードの3種類から選択可能。

自社の使い方に合わせて、まずはどれくらいの費用がかかるのか計算してみてはいかがでしょうか。

LINE公式アカウントを効果的に活用する方法

LINE公式アカウントは、月に2〜4回程度の発信をすることがおすすめです。

あまりにも発信回数が多すぎると、わずらわしく感じられ、ブロックされる可能性もあります。一方、発信回数があまりにも少ないと、忘れられてしまうことも。

また、友だち数が増えると、メッセージの配信に追加費用がかかるので、費用対効果を見ながら活用することが求められます。

コミュニケーションを取る方法を検討しよう

LINE公式アカウントを運営する際に問題になるのが、ユーザーからのメッセージへの返答です。

感想やコメントを送ってもらったユーザーへの対応だけでなく、複雑な問い合わせにも対応する必要が出てくることもあります。

LINEのみで対応していると、複雑な問い合わせの回答を見落としたり、回答に時間がかかったりする可能性も。当然ユーザーは、「LINEで連絡ができる」と思っているため、回答が得られない場合信頼を失ってしまいます

ユーザーとの接点を作る場合は、オペレーションも考慮してツールを使い分けすることがおすすめです。

カジュアルなやり取りはユーザーの使い慣れているLINEを。複雑な問い合わせにも確実に対応できるようにするためには、問い合わせの導線を作っておくことが重要です。

複雑なお問い合わせにも対応するためには、株式会社PR TIMESが運営する「Tayori」がおすすめです。Tayoriを使うと、簡単にお問い合わせフォームの作成が可能。

Tayoriのお問い合わせフォーム

上記のような問い合わせフォームが無料からでも簡単に作成できます。

FAQやよくある質問への導線も作成できるため、問い合わせ前にユーザーの疑問を解決できることも。

問い合わせフォームの項目も自由にカスタマイズできます。

また、問い合わせがあった場合、管理画面から対応ステータスも一目瞭然です。

Tayoriの管理画面

対応ステータスが見える化されることで、問い合わせへの対応漏れを防げます。

LINE公式アカウントを作成する際には、LINEのアカウントだけですべてを完結しようとせず、内容にあわせてプラットフォームをわけることで、よりユーザーの満足度を上げられる環境を整えてみてはいかがでしょうか。

>>Tayoriで問い合わせの導線を作る

SNSでシェア

Tayoriを無料で使ってみる

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置

今すぐ始める

関連記事

Tayoriのおたよりを購読する

Twitterでフォロー

facebookでいいね!

RSSで購読