TayoriBlogTayoriBlog

キーワードから探す

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

  • フォーム
  • FAQ
  • チャット
  • アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リード獲得とは?見込み顧客を獲得する効果的な5つの手法を紹介

リードを獲得しようとしている担当者

営業やマーケティングを行う際に使われる「リード獲得」とは、「見込み顧客を獲得する」という意味を持ちます。

新規顧客獲得のために欠かせないリード獲得は、どのように行えばいいのでしょうか。

本記事では、リード獲得時に気をつけておきたい注意点や、オンラインでリード獲得を行う5つの方法について紹介します。

 

そもそも「リード獲得」「リードジェネレーション」とは?

冒頭でも説明したとおり、「リード獲得」とは見込み顧客を獲得すること。そして、「リードジェネレーション」とは、見込み顧客を獲得するための活動のことをいいます。

では、これらは具体的にどのような行動のことを指すのでしょうか。

 

オンラインでのリード獲得方法

まずはオンラインでリードを獲得をする施策について確認してみましょう。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • コンテンツマーケティング
  • SNSマーケティング
  • ディスプレイ・リスティングなどの広告

オンラインでの施策は、どの程度リード獲得をしたのか、そこからどの程度購買に繋がったのか効果検証しやすいことがポイントです。

 

オフラインでのリード獲得方法

一方、オフラインでのリード獲得方法は、以下のようなものがあります。

  • 電車の中吊り広告や看板広告
  • パンフレットやチラシの配布
  • 展示会
  • 電話営業(テレアポ)

オフラインの施策では、オンラインのような効率性はありませんが、地域性のあるものやすでに購買意欲が高いリードを囲い込むには有効です。

 

リード獲得するときに気をつけておきたいこと

新規顧客の獲得のために、リード獲得に注力しようとしている企業も多いのではないでしょうか。

リードを獲得する際には、とにかくアプローチするだけでは利益に繋がらないので要注意。気をつけておくべきポイントを確認しておきましょう。

 

ターゲットを明確にする

リードを獲得するときにまず明確しておきたいのは「ターゲット」です。

顧客になりえるターゲットのペルソナ(人物像)は、チーム全体で共通認識を持っておくことが重要です。

人物像を明確にするだけでななく、利用しているSNSや生活リズムを把握することでより施策の具体性が高まります。

関連記事:カスタマージャーニーとは?目的と重要性からマップの作り方まで徹底解説

 

獲得したリードに対するアプローチ方法を明確にしておく

リードは、獲得をしただけでは意味がなく、獲得した後顧客に変えることが重要です。

「商品に興味があるのに、購入ページが見つからなくて離脱された」なんてことがないように、獲得したリードに対してアプローチする方法を明確にしておきましょう。

オンライン施策をする際には特に、「お問い合わせ」「購入」「資料請求」といった、次のステップへの導線を作ることを忘れないように注意してください。

 

オンラインでリード獲得するのに効果的な5つの手法

一人一台インターネットに接続できる端末を持つことが当たり前となった今では、オンラインでリード獲得することが主流となっています。

では最後に、リード獲得のためのオンライン施策を5つ紹介します。

 

1.デジタル広告

オンラインでリードを獲得するために効果的な1つ目の施策は「デジタル広告」です。

リスティング広告や、ディスプレイ広告、ネイティブ広告、リターゲティング広告といったデジタル広告は、自社のWebサイト以外のページを見ているユーザーに対してもアプローチできるためリード獲得に有効な手段です。

関連記事:デジタルマーケティングとは?7つの施策の種類や、資格までまとめて紹介

 

2.SEO対策

オンラインでリードを獲得するために効果的な2つ目の施策は「SEO対策」です。

SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略。検索結果で上位表示するために必要な施策のことです。

自らの意思で検索をしているユーザーは、「その商品を欲しいと思っている可能性が高い」ユーザーでもあり、CV(購入)しやすい、顧客になりやすいともいえるでしょう。

 

3.コンテンツマーケティング

オンラインでリードを獲得するために効果的な3つ目の施策は「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングとは、ブログや記事、動画などの価値のあるコンテンツを提供することで、最終的に顧客へと繋げるマーケティング手法のこと。

ユーザーにとって有益な情報を提供することで、リードを獲得します。

関連記事:コンテンツマーケティングをまるごと解説!絶対におえておきたい3つの基本

 

4.メールマガジン

オンラインでリードを獲得するために効果的な4つ目の施策は「メールマガジン」です。

会員登録や、ユーザー登録をしたユーザーに対して、メールマガジンを送ることでリードの囲い込みを行います。

 

5.SNS

オンラインでリードを獲得するために効果的な5つ目の施策は「SNS」です。

気軽にユーザーとの接点を作るためには、SNSも有効です。ファンを増やすことはもちろん、顧客の生の声を知れることも魅力です。拡散された際の拡散力は大きな影響があります。

最近では、企業がオフィシャルアカウントを作成することも増えています。

関連記事:Twitter初心者が企業公式アカウントを2ヶ月間運用してみた結果

 

Tayoriを使って獲得したリードを顧客に変える

獲得したリードを確実に顧客へとするためには、顧客の疑問をスムーズに解消することがポイントです。

顧客が自分の悩みを自分自身で解決するためには「よくある質問(FAQ)」、個別の内容を解決しやすくするためには「お問い合わせ」への導線が重要です。

これらのカスタマーサポートを充実させるためには、株式会社PR TIMESが運営するクラウド情報整理ツール「Tayori」を活用することがおすすめです。

Tayoriの活用事例

導入事例:PR TIMES 当社テレワーク対応

Tayoriの「よくある質問(FAQ)」機能を使うことで、カテゴリ別にあわせたよくある質問内容を分類可能。

タグを設定することも可能なので、特定の内容を確認したい場合、キーワードを入れて簡単に検索できます。

また、問い合わせフォームからの連絡は、管理画面から「進捗」「担当の割り振り」などを簡単に行えます。「問い合わせの返信をうっかり忘れていた……!」なんてことも減らせるでしょう。

>>導入した日から効率化を実感!簡単操作可能な管理画面

お問い合わせフォーム 受信箱 管理

獲得したリードは、顧客へと変えて初めて意味を持ちます。ぜひTayoriを活用して、顧客獲得のための体制を整えてみてはいかがでしょうか。

>>リード獲得のための具体的な活用方法

また、Tayoriの導入によって業務効率アップができるか、チームでのご利用に最適な有料プラン(プロフェッショナルプラン)の無料トライアルもぜひ一度体験してみてください。

>>Tayori公式サイトはこちら

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

関連記事